内視鏡

内視鏡とは

内視鏡とは、先端にレンズのついた管を差し入れて胃腸や大腸の内部を観察し、場合によっては処置・治療をする医療機器です。一般に「胃カメラ」と呼ばれることが多いです。
また、バリウムによるレントゲン検査よりも詳しい検査ができるため、癌などの病変の早期発見・治療に繋がります。

当院の内視鏡検査

当院では、患者様の症状・ご希望に合わせて通常内視鏡・経鼻内視鏡・大腸内視鏡を用いた検査を実施しております。

通常内視鏡
食道、胃、小腸などの上部消化器官内を高画質の影像で検査を行うことができます。また、検査中は、鎮静剤を使って眠っている間に受けていただいています。
・胃がもたれる、胸焼けがする
・口内炎がよくできる
・上腹部(おへそより上の部分)で痛みを感じる
・食欲が落ちたり、体重が減ってきている
・45歳以上で1年以上胃検診を受けていない
(特に血の繋がった家族や親戚に、食道癌、胃癌などにかかった人がいる方)
大腸内視鏡
肛門から内視鏡を入れて大腸内を検査します。大腸ポリープ・炎症疾患などの病気を見つけたり、場合によってはポリープを切除することも可能です。
・50歳以上である
(特に血の繋がった家族や親戚に、大腸癌、大腸ポリープと診断された人がいる方)
・大腸ポーリプと診断されて2年以上経過している
・検便で陽性反応が出た、もしくは検便を受けたことがない
・排便が安定しない(便秘、下痢、血便などの症状がある)

こんな方におすすめ

内視鏡検査は癌やポーリープなどの病変の早期発見・治療に繋がります。
以下のような症状の方に上部消化管内視鏡検査(食道、胃、小腸などの検査)・下部消化管内視鏡検査(大腸の検査)をおすすめします。